ニュース動態
会社のニュース
SEMICON CHINA 2014菱電と武蔵がお約束

时间:2014-04-01   共阅7633次


世界大の半導体技術展示会「SEMICON CHINA 2014」が2014年3月18日から20日にかけて上海新国際博覧センターで盛大に開幕し、半導体業界の関連機器メーカー、材料メーカー、設計メーカー、生産メーカーなどの業界を代表する風雲企業がすべて登場した。同時期に行われた展覧会には上海ミュンヘン電子展、ミュンヘン光博会があり、3大展覧会はいずれもそれぞれの業界の一大イベントだった。

 

    高精密ディスペンサーの業界ブランドであるメガカレーは、武蔵が長年出展し続けている。菱電は武蔵国内の一級代理店として、今回武蔵本社と手を携えて登場した。革新的な科学研究製品と完全なアフターサービスによって業界で良好な口コミを得て、より直感的にプラットフォームを現場に展示することによって、業界内外の友人と誠実に約束して、更に顧客のために斬新なディスペンサー方案とよりトップの製品を導入します。

 

      

 

今回の菱電パビリオンはN 4番パビリオン4475ブースに設置され、多くの新製品が菱電ブースを訪れる問い合わせ客を絶えず訪れ、多くのブランドメーカーと競い合った。SHOTMINI 200 SXは業界初の同幅同速の製品、HOTMELTJET高速のホットメルトスプレー塗布設備であり、携帯電話筐体のディスペンサー技術、350 PC SMARTに専念して再び製品の精細さを極め、MOHONMASTERは高粘度の製品に対してまた新しい応答を持っている。上記のようなデバイスは、お客様のさまざまなニーズに絶えず対応し、革新は時間とともに進み、常にスレーブをリードしています。

 

      

 

      

 

また、私たちの全自動ディスペンサーFAD 2500も依然として注目されています。将来の人的資源の緊張と生産コストが年々上昇する中で、自動化は今後の工業生産化の中で重要な割合を占めるだろう。

 

当社の既存のハイエンド顧客のニーズに合わせて、自動化プロセスのアップグレードにおいて、我々はこの自動化モデルFAD 2500を成功裏に発売し、現在、パッケージ大手BSEで大量に成功している。この全自動ディスペンサー設備は、自動上下材料、走査位置決め、自動秤量、飛翔式走査、基板加熱などの機能を備えている。

 

    終的な結果から見ると、菱電は今期のSEMICON半導体展で円満な成功を収め、半導体業界の砦攻略のために先頭を切る第1弾を獲得し、半導体などの業界での完璧な突撃を期待している。

 

 

黄彪報道 

上一页
下一页