ニュース動態
会社のニュース
信越ビジネスインタビュープレスリリース

时间:2014-07-10   共阅5789次


2014年7月9日午前、信越ポリマー(香港)有限公司の加騰努社長、日本信越大手道正部長ら5人が菱電を訪れ、ビジネスインタビューを行った。会社の龍海奔会長、社長の呉楽、謝子俊、販売副社長の冷志得などの上層部は代表団の来訪を熱烈に歓迎した。

 

龍董の案内で、加騰努社長、大手道正部長代表団はまず会社の製品展示室を見学した。展示ホールで龍董は代表団に会社の既存の製品設備を詳しく紹介し、革新性、専門性、専門性の面での業界トップの特徴を指摘した。龍海奔董事長は、業界内で競争優位を得るには、良い製品は基礎であり、管理は肝心であり、利益は目的であると強調した。菱電は「技術志向による販売促進、専門的差異による付加価値の実現」を経営理念とし、「品質とサービスで市場を勝ち取り、顧客に大の価値を創造する」という企業目標を実践し、「菱電」ブランドの構築に力を注いできた。

 

 


その後、龍海奔会長も代表団に同行して会社の事務環境全体を見学し、会社の企業文化理念について代表団に一つ一つ述べた。代表団は菱電社員の仕事の雰囲気、及び社員の多彩なチーム生活に対して極めて大きな興味を示し、そして龍董が率いる菱電会社が前進する企業文化理念と持続可能な発展戦略に対して深く賞賛し、龍董の個人的魅力とリーダー気質に対して敬服した。

 

    


信越化学工業株式会社(日本)は、1926年に設立され、現在日本の東京に本社を置く、東京証券取引所上場会社である。会社の資本金は250.8億ドルに達し、世界のPVC及び石英材料市場のリーダーであると同時に、シリカゲル、半導体シリコン、プラスチック材料なども供給し、世界の従業員は16000人を超え、2013-2014年度の売上高は109億ドルに達した。これまで、信越会社は会社の龍海奔会長、呉楽社長、謝子俊社長と何度も楽しいコミュニケーションを行い、菱電が信越特約代理店になる戦略的方向を確定した。


後に双方の代表団は菱電会議室で親切で友好的な商談を展開し、新製品の導入、市場分析、策略方向について深く交流した。同時に、会社の謝子俊社長は信越代表団に企業人員、発展史、企業経営文化理念などの状況について全面的に概説し、信越ポリマー(香港)代表も菱電代表団に企業状況、企業の多種製品情報について詳細に紹介した。そして、未来と菱電との協力の強い意志と素晴らしいビジョンを示した。

 

       

 

今回の信越代表団の来訪は、我が社にとって大きな意義がある。我が社の業界におけるブランドの影響力と総合的な実力を証明しただけでなく、将来の更なる市場深化のために敷物を作った、今回の信越代表団のビジネス来訪は、菱電製品販売の新しい趨勢を開拓し、菱電全線製品が発展の高速道路に入り、菱電の将来の発展の歩みを加速させたと言える。


菱電の業界内での影響力がますます大きくなるにつれて、菱電は業界内で意気揚々と走り続ける雄獅子になると信じています!

上一页
下一页