ニュース動態
会社のニュース
タイ・チェンマイを旅して悟る

时间:2018-08-29   共阅7251次


2018
821日、この日は社員を集めてタイ・チェンマイを旅行するための集団出発だった5天の日、私たちにこのような機会を提供してくれた会社に心から感謝して、私たちに視野を広げて、視野を高めて、同時に異国の地を体験して、1つの会社が1つの集団団結の精神と力を体得します。

 

会社の一行33人は21日午後7時にチェンマイ空港に到着し、私たちの異国の旅を始めた。行程には、チェンマイでも特色のある、象、タイマッサージ、ニューハーフショー、寺、ジャングル飛躍、ブーブー車による古町一周、地元の特色のある食べ物が含まれている。これらのプロジェクトの中で印象的なのは、象とお寺です。


私たち一行はやっと私たちの旅の初の駅、象園に到着した。以前はテレビで象を見ただけだったので、象園に入って、すぐに象に間近で触れることができて、やはり少し期待して、ガイドに従って、私たちはやっと形の温厚な象の赤ちゃんを見て、思っていたよりずっと大きくて、彼らは体が大きいにもかかわらず、とてもかわいいと感じて、それらはそれぞれの中国語の名前があって、みんなが知っている王宝強のように、象にも採用されました。ショーの時間になると、象たちはそれぞれサッカーをしたり、鼻でバスケットボールを投げたり、木を持ち上げたり、マッサージをしたりして、絵を描いたりして、象の鼻で絵の具を吸ったりして、鼻から筆を落とすのは画家の風格があって、肝心なのはリズムがあって、音楽に合わせて絵を描いたりして、とても心地よいです。彼らは指導員の指導の下で、本当に山水、風景、樹木画を完成することができて、本当に不思議です。そして少し、象たちは本当に活発で、お辞儀をしたり、敬意を表したり、サワディカをしたりします。象にはそれぞれ個性があり、大きめの象もいれば、落ち着いていたり、わざと面白がったり、演技をしている間にわざと観客に見せびらかしたり、タイは主に観光業を発展させており、チップを渡すのは礼儀であり、象は観光客からもらったチップをもらっておべっかを使って自分でバナナを買って食べに行き、ほめられて賞をもらった子供のように、会場は大笑いした。

  
中国でも仏教を信仰する人は多いが、タイに行って仏教への敬虔さを痛感した。寺で仏様の心の洗濯を受け、自分の人生に対する悟りを得る。印象的なのは、私たちは仏像の下で写真を撮って、前の女の子はほとんどひざまずいて、膝が耐えられないほど痛いと言っていましたが、私にとって、私は少しも痛みを感じませんでした。これは私も仏教を信仰して、よくひざまずいて、さもなくば私も耐えられないからかもしれません。もちろんもっと違いますが、私たちはタイのように靴を脱ぐ必要があるほど信仰していません。ガイドによると、これは地道と呼ばれていて、これは本当に私を震撼させました。あんなに多くの人が裸足で歩いているのに、足が荒れると思っていたが、全然できなかった。歩くともっと気持ちがいい。気持ちよく歩いて、心の洗濯を受けています。深いスローテンポな生活呼吸を感じる。


旅の翌日、私たちは皆さんが期待しているジャングルの飛躍プロジェクトに来て、名前を聞いて興奮しましたが、少しの心配と恐怖も伴っていました。装備の交換を始めると、監督に安全かどうかと注意事項を尋ね続けた。このようなプロジェクトは一度始めたら尻込みする余地がなく、前に進むしかなく、進行中、多くの同僚は恐れながらも尻込みせず、1駅1駅、終点に到着した。途中でいろいろな思いがあったが、みんな頑張って克服し、自分を突破し、恐怖にも打ち勝った。このような体験を通じて、今後の仕事の中でも多くの困難を克服し、勇敢に前進し、より自分の目標を固め、終的に自分の考えを達成することができると信じています。

   
2018年8月25日午後5時、私たちは5日間のタイ・チェンマイ旅行を終えました。会社から与えられた今回の機会に感謝して、時間は短いですが、みんなに会社の同僚に対する理解と認識をもっと近くさせました。一度の旅で味わったのは現地の文化的な奥深さと特色だけではなく、会社の組織活動の意義をもっと知っていることだ。会社は旅行の方式を通じて、メリハリをつけて、従業員の状態をリラックスさせて、同時に従業員の仕事の積極性を引き出して、従業員間の感情とチームの凝集力を強化します。これからの仕事の中でみんながもっと努力して、自分を突破して、実際の行動で会社に報いると信じています。

6368125751032625328291539.jpg

--財務省記

 

上一页
下一页