ニュース動態
会社のニュース
菱電グループ華東事務所の移転先

时间:2021-05-26   共阅8801次

新しい出発点と新しい姿、新しい気風
――菱電グループ華東事務所の移転を熱烈に祝賀

          



旧暦3月の蘇州は、日差しが明るく、鳥の声が花の香りがします。4月18日、この記念すべき素晴らしい日の中で、菱電グループは発展史上のもう一つのマイルストーンである華東事務所を新しい事務室に移転した。新しい事務室の住所は蘇州呉中区の蘇州木涜精密製造産業園連合東U谷にあり、環境が非常に優美な産業園区内にある。


移転式は新オフィスビルの前で盛大に行われ、菱電グループ会長の龍海奔氏、社長の呉楽氏、LAN小東氏及び華東事務所の全従業員及び華南、華北の従業員代表が移転式に参加し、式典は人的資源総監の楊静氏が主宰した。


午前9時ちょうど、菱電グループ華東華北華南の同僚たちは一緒に園区を見学し、お祝いの掲示板版で写真を撮った。




(華北、華南従業員代表写真)




(華東華北華南高管チーム写真)




(華東の一部従業員が撮影)




(華東の一部従業員が撮影)


午前9時30分、鳴り物入りの太鼓の音がするにつれて、神風揚の楊総監は軽快で興奮した足取りで登壇して私たちの儀式の正式な開始を宣言し、続いて各事業部とチームメンバーを紹介した。


image.png

image.png

  image.png 

image.png

午前9時50分、各事業部がすばらしいチームの姿を披露した後、菱電グループ会長、グループ社長、事業部社長、特別ゲストが順に今回の移転祝賀の挨拶をした。

image.png


菱電グループ会長の龍海奔氏は、

華東事務所は新しい場所に移転し、菱電の発展がまた新たな段階に入ったことを象徴し、菱電の管理レベルを高め、菱電の新たなイメージを示し、グループの影響力を拡大し、特に菱電華東の未来の発展に重要な推進作用を果たし、菱電人全体が引き続き高揚した闘志を持ち、手を携えて共に歩み、菱電のより美しい明日を共に創造していくことを望んでいる。


image.png

菱電グループ社長の呉楽氏は、

菱電グループの18年間の発展過程の中で、華東事務所は4回の移転を経験して、菱電華東事務所は小さい頃から大きくて、今日の規模があって、来るのは容易ではなくて、菱電の発展は菱電人の勤勉な仕事と無私な献身から離れられない。

image.png

菱電グループ事業部社長のLAN小東氏は、

昨年11月から、華東事務所は5カ月の改装建設を経て、ついに注目されていた移転祝いを迎えた。03年の設立から現在まで、18年間の発展を経て、大の収穫は、多くの「同志」の友人を獲得し、「会社を家とする」従業員の多くのチームを持っていることだ。社員全員の努力があったからこそ、今日の菱電ができたのだ。この場をお借りして、改めて皆様に心から敬意を表しさせていただきます!同じく今日から、菱電は新しいページを開き、新たな一歩を踏み出す!

image.png


菱電グループの子会社である香港旭騰総経理の謝子俊氏:

この清新でさわやかで、うららかな日差しが照りつける喜ばしい吉日に、菱電グループの今回の華東事務所の移転は事務条件と事務環境を改善するだけでなく、菱電グループの将来の発展の素晴らしい見通しを予告していると信じています。菱電グループの明日がもっと良くなることを心から祈っています!

image.png


午前10時12分、参加者は「明日はもっと良くなる」と歌い、その時の心の声を歌った。

image.png 

image.png


みんなが美しい歌声に陶酔しているうちに、心が震えるような太鼓の音が鳴り響き、従業員全員が「10、9、8、7、6……菱電グループの龍董、呉総、LAN総招待が登壇し、彼らは金はさみを手に取り、司会者の「吉時到来、テープカット開始」の一声とともに、3人のリーダーがテープカットをした後、菱電を祝福する横断幕を掲げた。

image.png

一時、耳を震わせる太鼓の音、空一面の花火、舞い上がる風船、眩しい日差し、会場にいたすべての人が悲鳴を除いて残ったのは目いっぱいの興奮だけでは何も言えなかった。

image.png

長い間落ち着かなかった気持ちの下で、また獅子舞の点眼の一環になった。3人のリーダーが眠っていたライオンに心の窓をつけた時。彼らが動き出し、踊り出し、躍り出たのを見た。

image.png

高く飛び上がった瞬間、ライオンたちはレタスのお祝いのお年玉を採った。これがも古典的な獅子舞の採青式で、彼は瑞気が門に臨み、金を生むには道があり、ステップアップすることを意味している。

image.png 

image.png


お祝いのどらや太鼓の音とともに、今回の華東事務所の移転祝典式も円満に終わった。

image.png

image.png

菱電華東事務所の新事務室の面積は1400平方メートル余りで、事務室は4階全体の1階にあり、獅子山路の金河国際センターの事務室と比べて、ここはもっと広くて明るくて、ハイエンドの大気、配置はすべて注文した木製家具で、華東事務所の事務条件は大きく改善され、ハードウェア施設からもソフトウェア環境からも大幅に向上し、グループの持続的な発展に新たな原動力を提供し、より良いサービスをお客様に提供するためにも、新たなステップを踏むことができました。今回の華東事務所の移転は、菱電グループの発展が新たなページを開いたことを示している。華東事務所の順調な移転は、菱電グループの将来の発展に対する自信と決意を示した。

image.png

image.png

image.png


菱電グループ人的資源部記




上一页
下一页