ニュース動態
会社のニュース
春に耕し秋に収穫し,共に菱電を作る

时间:2019-03-25   共阅9776次


木のすくすくは雨の潤いではなく、春の到来である。花の艶やかさは風の頬ではなく、春の訪れであり、草の緑は雲の世話ではなく、春の助けである。四季の移り変わりは、草花や樹木の強靭さではなく、季節の移り変わりの愛顧であり、千里の馬と伯楽のように、千里の馬に千里の能力がないのではなく、伯楽に千里の馬を探索する能力がなく、人材を失い、人に任せて親に任せる。

2019年3月23日に菱電グループ表彰大会及び第1四半期配置会議が成功裏に開催され、会社伯楽の心を明らかにした。菱電グループ会長の龍海奔氏と社長の呉楽承氏は前に出て、2018年の優秀な社員10人の会社への勤勉な支払いを表彰し、伯楽と千里馬の感で菱電グループの人材に対する重視を示し、人材に対する渇望を示し、その後四半期の仕事を配置し、従業員全員に志を持たせ、気前よく激昂し、明日をもっと良くするためだけに、今日のすばらしさを伝えるために、共に明日の韶華に赴く。

6368996783081597327743773.png


2018年は菱電グループが発展した年で、会社には優秀で積極的に進取し、会社に大きな貢献をした従業員が現れた。表彰大会では、龍董と呉総は自ら10人の表彰された優秀な従業員のために委任状を読み上げ、委任証明書を授与した。








表彰大会を開催し、会社と従業員の家族のようなつながりを築く。人材は千里馬のように、龍董と呉社長は人材の重要性と、会社の長期的な発展に対する核心的な役割をよく知っている。今の時代は風が立ち、四面楚歌で、市場は変幻自在で、人材の流動率は大きく、会社の発展の2つの重点はどのように顧客を把握するかとどのように人材を把握するかにあり、顧客と人材を手に入れてこそ、群雄を傲慢に見ることができ、春が大地に帰る時、新しい風景にさよならすることができる。菱電グループはこのような背景の下で、変化に応じず、人材育成を第一に考え、人材成長と会社成長を同じ位置に置き、四半期の仕事を配置し、従業員と手を携えて新しい未来を展望した。未来は期すことができて、前方の道は未知で、前進する足どりは灯台の導きが必要で、指揮と方向が必要で、第1四半期の仕事は期せずして到着して、竜董と呉総の指揮の下で、菱電グループは活力の姿で、専門の力で本分をしっかりと行い、春を播き、より多くの希望とすばらしさを播き、他日にもっと多くの成果と良い成績を収めることができることを望んで、託されたことに負けず、今日に負けず、道は遠く、道は阻まれ、そして長い。


未来、菱電グループは従業員と共生し共存し、共栄して共有するので、本浚渫源、穏健行遠、未来は期待でき、ただ不変で万変に対応する。ただ未来の発展の変幻の過程の中で、伯楽の能を現して、千里の馬の能を探して、やっと八百里を分けて炙り、五十弦をひっくり返して外の音を塞ぎ、砂場の秋に兵を点すことができます;やっと千里の目を貧しくして、もっと上に上がることができて、やっと山を重ねて道がないことを疑うことができて、柳暗花明はまた村を明るくすることができます。引き続き発展し、人材育成システムを健全化し、会社と従業員の緊密なつながりを強化する。帆を上げて出航し、再び征途に立ち、第1四半期には、良い成績を上げ、菱電の素晴らしい未来を共に建設する!


上一页
下一页