ニュース動態
会社のニュース
菱電グループは日本VISCO上層部一行の来訪を接待した

时间:2019-03-20   共阅10026次

2019319日午後2時、菱電グループ深セン本社に重要な貴賓が訪れた。戦略的パートナーVISCO会社鈴木保良取締役、風間勇飛管理部長、渡辺祐基課長、上海VISCO王誠社長ご一行は弊社にご来場いただき、会社間の協力について更なる交流と商談を行うことを目的としています。菱電の龍海奔董事長、呉楽総経理、華東華北のLAN小東総経理、華南の冷志得副社長、陸凱華市場部長は貴賓一行を親切に接待し、社内で会議を行った。

会議の冒頭、VISCOまず菱電グループに心から感謝し、「2017年に菱電グループとVISCO戦略的パートナーシップを達成して以来、VISCO中国でのビジネス展開は短期間で質的な飛躍を遂げた。2018年と2017年に比べて、菱電グループが実現した年間売上高はなんと倍増した10倍に達した2000万人民元です。このデータを見ると、双方の協力の著しい成果もVISCO会社は非常に驚きと喜びを感じ、菱電グループとの協力は信頼と継続に値することを肯定し、菱電グループの専門性と業務能力に対して極めて高い評価を行った。菱電の龍海奔董事長は、「このような優秀な成績を収めたが、私たちはそれに満足していない。菱電グループという優秀なチームはより強い実力と潜在力を持つべきであり、双方の緊密な協力を通じてより満足できる業績を突破することができるはずだ」と述べた。

その後、双方は現在について2019年のビジネス戦略の展開を検討し、的確に検討した。VISCO近の日本のニュースによると、中国の将来情勢は不透明なため、会社はVISCO中国での業務は一定の懸念を示している。この問題について、菱電の龍海奔董事長はまず簡単な仕事の報告を行い、彼はVISCO高層階には菱電グループが展示されています2018年に得た成績で、菱電人は常に初心を保ち、自分の実力を絶えず強化し、その鋭い市場洞察力で、2018年に多くの優れた成績を収め、菱電打を国内トップクラスの総合型ハイテク企業に一歩ずつ成長させた。続いて龍海奔董事長が報告した2019年の菱電グループの各事業計画について、2019年、菱電人も会社の文化理念を守り続け、着実に前進していくだろう。2019年の中国情勢は不透明だったが、菱電グループは将来の産業動向への展望を頼りに独自の道を切り開いており、菱電の情勢は期待と信頼に値すると信じている。龍海奔会長は、2019年の会社の発展に私たちは自信を持って、そして拡大し続けるためにVISCO中国の画像処理業界でのシェアは、不動の業界地位を築いており、菱電グループはより完璧で専門的なチームを作るために大規模な兵を募集し、馬を買うことを決めた。VISCO目をこすって待つ。

双方の会議の交流の雰囲気は和やかで、とても楽しかったです。会議は3時間以上続いた後に終了し、夜は双方の上層部が夕食を共有し、杯を飲んで歓談し、両社間の友情をさらに増進し、協力を新たな波のクライマックスに押し上げた。菱電グループとVISCO2019年!

image.png


上一页
下一页