ニュース動態
会社のニュース
日本への旅には感銘がある—山河万里を横切って、日本に行って菱電魂を発揮する

时间:2018-12-26   共阅10169次


2018年11月20日午前4時30分、この白い霧が立ち込め、生き生きとした朝、菱電グループ華東支部は大規模な日本旅行を組織した!

初めて国を出た私としては、このイベントが私個人にとっての意味は想像できません。これは私が自分の限界を突破して、自分の視野を広げることができることを意味して、私に心を開いて思い切り異国の異郷の別の美しさを感じることができます!

見渡す限りの海を泳ぐと、青々とした海面が絹のように柔らかく、さざ波が微かに揺れていた。海面には白い帆が点々としていて、青い絹織物に美しい模様を刺繍したようだ。海はそんなに美しくて、そんなに静かで、それに比べて翡翠は色が浅すぎることを嫌って、サファイアは色が濃すぎることを嫌っている。飛行機はゆっくりと美しい白雲のベールをめくって、煙の波の広大な中で一面の霧を突破して、五色の霞の光と互いに照り映えて、一つ一つの雲の霧がレベルを拾うにつれて、私は思わず考えました:これはまさに私たち菱電会が一歩一歩輝かしい未来に向かうことを意味しているのではないでしょうか!!!

何とも言えない喜びを胸に、ついに日本沿岸に飛び込んだ。目に入った一幕に驚きました。まるで名家の絵師に尺度を奪われたように、畑の規則が整然と続いていました。遠くには山が連なり、低い山には林が青々と茂り、霞の光がゆらゆらと輝いている田舎の町と呼ばれている。四方八方に通じる道路がこれらの都市を取り囲んで縦横無尽に交差していて、私は思わず、これは本当に人と自然が抗争する美しい傑作だと思いました!生命が自然に自由を求めるような壮麗な賛歌!!

日本には私が想像していた高層ビルがあまりなく、私たちの国には数えきれないほどの高山大河がありません。さらに、天工を奪うほどの名所旧跡は多くない。しかし、このような弾丸島国が、我が国をリードして先進国になった。洗うようにきれいな道を歩いていると、ひっきりなしに車の流れがほこりを帯びてこないので、よく見たことがあります。車のタイヤの隙間にも汚れがありませんでした。トイレの便器は真っ白で、通りの品物は整然としていて、ゴミの分別ができていて、私は日本人が環境を大切にして、持続可能な発展を重視する観念にショックを受けなければなりません。

東京行きのバスに乗ると、各座席の背後に小さな棚がある。上には荷物をかけるフックとゴミ袋が取り付けられており、乗客が自分で発生した廃棄物を持ち帰るのに便利で、バスが料金所を通るのはすべてまっすぐで、もともと日本の車には自動料金を払う装置があり、運転手の貴重な時間を節約し、我が国の料金行列に比べて優勝が多い。

大通りや路地を歩いていると、雑踏の中に大きな声はなく、どの店に入っても、店員は笑顔であいさつしてくれます。道路では車が歩行者に3分譲って、歩行者は信号の指示に従って道路を渡る。私が印象的だったのは、ランプのない交差点を通過したとき、車が私たちのそばで静かに止まって、私たち全員が安全に通過するのを待ってから、静かに走り去ったことです。このことから見ると、日本の国人教育は一斑を見ることができる!第二次世界大戦中の日本の広島が原爆投下の翌日、生き残った教師が生徒の授業を組織していたことを連想させるニュースは信じられない!これもまさに我が国に欠けている精神である。

日本は生と冷の飲食が好きな国で、油が少なくてあっさりしているという健康的な飲食の道は長寿の秘訣で、日本は衛生に対して非常に厳格にコントロールしているので、どのレストランでも安全で健康を保証することができて、国内の瘴気の飲食市場に比べて、この点は私たちは深く考えなければならない。

時は流れ、時間は流れのようにあっという間に過ぎ、11月25日には帰航の飛行機に乗り込んだ。今回の日本旅行は私に日本人の強大な自律性と自分を厳しく律して互いに尊重する優れた品格を目撃させて、その時間観念と環境を大切にして持続可能な発展を重視する道徳の気持ちを見て、多くの以前関心を持っていなかった知識を学びました。同時に、私たち菱電グループの自強不休、ライオンとカモシカの競走が遅れなければ飲み込まれるという本質的な意味を深く体得した!

今回の6日間の旅行で、華東支部は全員無事に帰還し、会社の上層部と同僚の指導の下で、少しの間違いもなかった。菱電の大きな旗が翻り、空気中に立ちこめる雲を洗い流してくれたからこそ、ベールをめくった富士山を見ることができたのかもしれない。私は私たちの会社を誇りに思っています!菱電グループのメンバー全員を誇りに思う!!私は菱電を愛しています!!!

2018年12月25日

尤天宇

上一页
下一页