ニュース動態
会社のニュース
菱電が日特揚帆で出航

时间:2016-04-27   共阅5190次


日特機械工学株式会社の招待に応じて、427日午前900深セン市菱電高精密設備有限公司の代表である龍海奔董事長、鄧飛総経理、LAN小東業務総監、医療プロジェクト部黄彪経理一行は日特長崎事業所を訪問し、双方は日特製品の協力方式及び既存プロジェクトの進展について商談を行った。会議には日特機械工程株式会社笹沢部長、日特機械工程(深セン)有限公司陳董事長、日特機械工程(深セン)有限公司上海支社袁副総らが出席した。



日特公司は日本の上場企業として、世界の巻線機業界でずっと他の競争相手をリードして、世界を占有している32%のシェアを獲得した。その巻線設備は主に情報通信、自動車、家電、ICカードなどの分野。携帯電話関連製品、例えば携帯電話ホーン業界でのパフォーマンスは、ホーン業界の大カレーなど、さらに独創的だ。AAC、楼氏、歌爾、美特はすべてその製品の忠実なファンである。

会議では、世沢部長が日特の製品業界応用について詳しく説明し、その間に双方はICラベル、自動搬送システム、フィルム加工処理システムなどいくつかの製品はより深いコミュニケーションと相互作用を行い、相互協力の切り口を見つけた。例えばその搬送システム3m/Secの速度、5000Nの大運動負荷及び±0.02mmの加工精度は、業界では右に出るものがなく、自動化、工業全体をリードしている4.0の前進潮流。一方、フィルム搬送設備の3つの特徴:デジタル制御二重貯膜、非接触工搬送システム、精密張力制御システムは更に独占特許を獲得し、フィルムの複合、洗浄、乾燥などの処理技術のためにより高い良率と効率を向上させる。IC電子タグはさらにモノのインターネット発展の必然的な傾向と産物であり、日特は技術の先端、市場発展の先端に立って私たちに技術共有の宴をもたらし、私たちに多くの収穫をもたらした。

製品の説明が終わった後、製品をより直感的に、より深く理解するために、私たちを彼らの職場に連れて行って、製品の効率性と先端技術をリアルタイムで展示しました。日特のすべての製品を見渡すと、対応する業界で使用されている成熟したソリューションのセットがあります。これはお客様のニーズであり、業界の協力のトレンドでもあります。

会議の後に、日特製品と菱電資源の適合度を結合して、龍海奔理事長は関連製品の調査研究について関連配置を行い、次の仕事の方向を手配し、明確にした。次の出会いの時間と内容を初歩的に約束します。

会議は午後5:00終わり、近く続いた8時間、とても充実していて、収穫がいっぱいです。日特の技術志向の理念は菱電の経営理念と同じで、同じ経営理念に基づいて、私たちはきっともっと多くの火花を散らすと信じています。菱電は手を携えて日特帆を上げて出航したが、私たちは目をこすって待っていた。

華東-黄彪記


上一页
下一页