ニュース動態
会社のニュース
観瀾湖球場に菱電グループ会長が現れ、日本の貴賓と球技を切磋琢磨

时间:2017-06-06   共阅6610次


6月の深圳は雨が多く湿っていて、雨に濡れた空気も格別に爽やかに見えます。このような心地よい天気の中で、62日午前、絵のような景色の観瀾湖エーススタジアムに3人の重要な貴賓が迎えられた。


観瀾湖ゴルフ会の中でも地勢が高く、景色がも美しく、挑戦的なコースとして、エースコースは今の世界ゴルフ界の代表的な人物、3メジャー大会で優勝したアーニー・エースがデザインした。場所は風光明媚で、地勢は奇抜で、その中で第4穴のヘアピン台と地面の形成50米の高さの大幅な落差は壮観で、多くのゴルフ愛好家やプロゴルファーに愛用されている。 

早くもエーススタジアムを耳にしていた日本信越ポリマー株式会社専務-小崎氏は、今回菱電の龍海奔董事長からラブコールを受け、わざわざ日本から深センに駆けつけ、龍海奔董事長、張人天顧問と一風変わったゴルフ親善試合を繰り広げた。

3人の重鎮が訪れ、エーススタジアムを彩っただけでなく、お天道様もひときわ美しく、雨が降り続く6月にはめったに晴れた天気が現れなかった。コバルトブルーの天幕に包まれた、見渡す限りの緑の芝生で、雨に洗われた後の青草の香りが、空気の中に漂って、気持ちも楽になり、楽しくなりました。

地主のよしみを表現するために、龍海奔会長は特に小崎さんに先に始球させた。還暦を迎えているが、小崎さんの体はかなりしっかりしていて、てきぱきとしたスイングをしていて、白いボールが空中できれいな弧を描いていて、完璧なティーオフは会場の人々から大きな拍手を浴びた。

龍海奔董事長もしっかりとした安定した優れた球技を十分に披露し、ポールを握り、立って、スイングして、バッティングして、一連の動作は一気呵成で、落ち着いてのんびりした表情で、大将の風がかすかにあった。さすがの小崎さんも龍海奔会長の球技に圧倒され、プロ顔負けの姿勢の基準に感心した。

心地よい天気、和やかな雰囲気、試合ではありますが、全体の過程は笑いと歓声に満ちています。9ホールが終わっても、みんなはまだ気持ちが尽きないと思って、また臨時に試合を追加しました9穴。龍海奔会長の落ち着いた深みのある球技も試合中に十分に発揮され、初から順調にきれいなバーディーを取り、静かだったコートに大きな拍手が沸いた。

還暦を過ぎた小崎さんは驚くべき体力を見せ、長い試合の過程で少しも疲れがなかっただけでなく、試合の中段に続いて2番目のバーディーを記録し、2人のスコアを近づけ、試合の素晴らしさをもう一つの頂点に押し上げた。

短期間で9穴の間で2羽の鳥を捕まえるのは、2人の非プロ選手にとっては得難いことだが、このような幸先は、龍海奔会長と小崎氏が双方の将来の協力にさらに自信を持っていることにもつながっている。クライマックスが繰り返された親善試合は、お互いの笑い声の中で完璧に幕を閉じた。

試合が終わった後、龍海奔会長は笑顔で、今日のボールはとても楽しかった。親善試合だけだが、小崎専務とはお互いを大切にしているような感じがして、お互いへの率直さ、尊敬と敬服は、ゴルフの精神的なところを感じさせるだけでなく、ビジネスパートナーとしてのお互いへの理解と信頼を強化した。

後に、龍会長も小崎専務に深い敬服の意を表し、自分の先輩として、小崎さんには自分で勉強して参考になることがたくさんありますが、試合中に見せた礼儀正しく謙虚で寛容さは、日本特有の企業文化をより深く感じさせました。未来にチャンスがあれば、また時間を見つけて小崎専務と球技を切磋琢磨し、二人の協力をデパートから球場に伸ばし、今日捕まえた二羽の鳥のように、共に手を携えてより多くの驚きと輝きを創造しなければならない。

                              

李平記


上一页
下一页