ニュース動態
会社のニュース
菱電グループが日本Viscoを正式代理に国内視覚処理分野の新たなページをオープン

时间:2017-08-31   共阅6611次

8月31日午後16時、多くの人が退勤準備をしている間に、深セン市菱電高精密設備有限公司は日本のViscoの代理証明書を正式に受け入れ、同ブランドの国内代理店になるという一大事を成し遂げた。

国内で代理証明書を発行するのは今回が初めて。重視するため、日本Visco本社の足立社長は自ら深セン菱電本社を訪れ、この重みのあるVisco代理証明書を菱電代表取締役の龍海奔氏に授与した。同日の証明書授権会議には、Visco上海の田畑社長、Visco深センの賈真社長、野村主任、菱電の呉楽社長、黄忠栄社長らも出席した。
日本Viscoは2003年に設立され、「画像一筋」の理念を受け継ぎ、視覚画像処理技術の開発に専念している。10年以上の発展を経て、現在のViscoは業界トップの視覚処理システムに発展し、半導体、電子製品、日用品、医療用品など多くの分野に成功し、広く応用されている。
Viscoの専門性と権威があるからこそ、代理店を選ぶ際には慎重に見える。これまでにもブランドの国内代理店を選んでいたが、正式に代理権証明書を発行するのは初めて。そして今回のLINDENグループはわずか半年でViscoブランド側の信頼と承認を勝ち取り、これらはLINDENグループのブランド力を証明するのに十分である。

実は、視覚処理技術は国内ではまだ新興分野に属しているが、計り知れない発展の見通しと開発価値を持っている。生産製造業界から言えば、中国経済の急速な発展に伴い、人件費も上昇しており、インドネシア、ベトナムなどの新興製造国の競争圧力に加えて、どのようにコストを下げ、生産量を高めるかは多くの企業が切実に解決しなければならない問題である。視覚処理システムの誕生は、大量の人工雇用に取って代わることができ、自動化生産プロセスを加速し、改善することができるだけでなく、企業のコストを大幅に削減し、生産能力を高めることもできる。加えて、現在の顔認識、ビデオ監視分析、医療映像診断などの新興技術のブームにより、視覚処理技術の需要がさらに大幅に高まっている。これにより、将来の国内市場は、大量の視覚処理需要に直面するだろうが、LINDENグループはこのビジネスチャンスを鋭敏に発見し、業界をリードする視覚処理システムを導入して国内の空白を埋めることができるようになった。

龍海奔董事長は、「現在、国内の視覚処理技術は非常に未熟で、主に外国システムの輸入に頼っている。今回のLINDENグループのVisco導入は、国内市場の空白を埋め、視覚処理業界に新たなベンチマークを打ち立てる一方で、Viscoのような技術的に成熟した専門ブランドによりスムーズに国内市場に定着するソリューションを提供し、Viscoの中国市場でのより良い発展を支援する多角的なウィンウィンの協力と言えます。

長い間、LINDENグループは多くの日本の優れたブランドが順調に国内市場に進出するのを助けることに成功してきたが、日本武蔵株式会社、日本浜松光子学株式会社、日本積水化学工業株式会社、日本信越ポリマー有限会社、日特機械工学株式会社、大日本インキ株式会社などの有名な日本企業との良好な協力は、LINDENグループに極めて優れた信用と業界内の口コミを創造した。今回、半年以内にVisco社の信頼を得ることができたのは、LINDENグループが長年蓄積してきた企業力と卓越した口コミのおかげで、Visco側もLINDENグループを高く評価している。

将来的には、LINDENグループは日本のViscoと手を携えて、国内市場における視覚処理システムの応用をさらに広げ、相互信頼、互恵の基礎の上で、共に良い成績を記録する。


上一页
下一页