ニュース動態
会社のニュース
「迎春杯」中日卓球親善交流試合

时间:2015-02-08   共阅5868次


 2015年27日午前、会社は激しい国際級の「迎春杯」中日卓球親善試合を行った。今回終的に決勝戦に参加した中国側代表と日本側代表は、菱電高会長の龍海奔氏、肖総氏、日本鐘化会社の津村学氏だった。

今回の試合は会社の同僚たちの関心を集めて、みんなはこの専門級、国際級の試合現場の開幕はきっと非常に激しいと信じています。

9:00時間通りに試合を開始し、試合現場のすべての施設と規則は厳格に国際基準に基づいて設定されている。ほら、このケーブルはすべて審査員によって正確に測定されたもので、この専門的な手振りは………


試合は4試合ずつ行われた3局、そして龍董と津村学氏の試合がも激しかった。


第1局の龍董戦略は低調で、相手の状態を理解し、津村学さんはテンションが高く、勢いが奮い立って、ウォーミングアップ試合を経て、津村学さんは第1局を一時的にリードした。

第2ラウンドが始まり、ライバルの津村学さんは優勢を強め、新ラウンドの猛攻を始めたが、龍董さんも弱音を吐かず、戦略を迅速に調整し始め、一歩一歩大隊になり、力を入れて反撃し始め、白い卓球がここに落ちたり、そこに飛び込んだりして、私たち観客を目がくらみ、試合は本当に迫力があった。この時後のボールが、龍董に飛んできた時、龍董はフォアハンドで攻撃するのではなく、ボールが落ちてから、急にフォアハンドで引いて、同時に腰を回して力を出して、ボールは津村学さんに飛んで、この時のボールの速さ、回転は規則的ではなくて、律村さんはもう受けられなくて、後に龍董は5点の明らかな優勢が第2セットを勝った。

2回戦を経て戦局は引き分け状態になった。だから第3セットも終的なPK決勝戦、そのため試合は特に重要で、ガラス戸越しにみんなはすでに現場の緊張感を感じていた。双方の相手も残さず、自分のベストコンディションを出し始めたが、右手に卓球ラケットを持ち、相手の手の中の卓球をじっと見つめ、口の中で大きく息をして、顔がリンゴのように赤くなって、髪の水玉ポタポタ落とす床が卓球台の上に滴り落ちた。

龍董がサーブする時、落下点、リズムと回転の面で絶えず変化している,そしてスコアが追いつく頃になればなるほど,相手のフォアハンドの位置に各種の回転球を放つ勇気があればあるほど、龍董は前の2局の受動的な守備の状態を改めて、大胆に攻撃を組織して、相手が戻ってきたボールが登場して、足取りの柔軟な特徴を発揮して、時にはジャンプして体を横にして、時にはクロスステップが上位になって、大胆に相手のバックハンドの位置に合わせてアークサークルを引いて、しかも1つ1つの正確を引き延ばします。個別のドローが相手に止められても、もう1枚の重ボタンを補充しても、全体の動作はかなり完璧だ。このボールは迫力があって、ガラス戸競技場の外の観衆は一瞬不思議な静けさで、みんな息を止めたようだった。

ボールを打ち上げれば打つほど上手になり、龍董は戦えば戦うほど勇ましくなり、打てば打つほど上手になり、山を倒して海を覆す勢いで2セットも続き、現場は静かで息もできなかった。後のショットはボールが空中で回転し、「パチン」とテーブルの上に落ち、後のショット、試合が終わった。118、第3局の龍董は再び絶対的な優勢で勝った。


後の3セットの残りの参加者は交代制で試合を行い、後に順位を決める。


今回の試合で重要なのは結果ではなく、過程だ。参加者一人一人が全力で参加し、生き生きとした名手対決勝戦を上演してくれた。

今回の卓球試合の組織は中日双方の交流を促進し、双方の親密な協力でもある。もこの交流試合を通じて、菱電高の協力顧客、サプライヤーの新春を祝う!


                                                                   人的資源部

                                                                   2015-2-10


上一页
下一页