ニュース動態
会社のニュース
SEMICON CHINAは毎年同行し、手を携えて共に歩んでいる

时间:2015-03-20   共阅6118次


菱電と武蔵が半導体技術見本市「SEMICON CHINA2015」、展示会は2015317終了19日に上海新国際博覧センターで盛大に開催され、その専門、集中の特徴を体現するために、設立されたLED製造ゾーン、MEMSゾーン、TSV専区、中古設備及びワンストップサービスシステム専区、集積回路材料専区、IC設計、製造、応用を専門にして、展示者に自分の必要な相談をより的確に理解させる。

菱電は武蔵国内の一級代理店として、再び武蔵本社と手を携えて登場したSEMICON CHINA。今回は消費者電子業界向けに、業界向けのホットなPURゴムは新しいスプレー方式を採用したHOTMELTJET、この設備の発売は、従来のディスペンサー方式を改めて、PURディスペンサーはより細かく、より細かく、より速く作られています。より小型の部品に対して、点錫レーザー溶接一体機を発売DISPENSE LASER MASTER,調整可能な溶接強度、基板の焦げ付きの問題を解決することに成功し、手間を省き、生産性を高める、実際の製品を用いて映像システムの強力な自己修正能力をオンラインシミュレーションする350PC Smart;大容量精密コーティング用MPP-3および複数回の取得ASEグループ設備の星のFAD2500

今回の菱電パビリオンはW3パビリオン3377ブースでは、多くの新製品が多くのお客様に理解や問い合わせを集めています。さらに専門的な解答者が、訪れたお客様に大きな収穫を与え、旅の目的を無駄にしないようにしています。特に華北から来た展示者は、長江デルタ地域の先行するコンサルティングの嵐を実感した。彼らがより多く結び付くことができるようにする自社の状況に合わせて、新しい技術、新しい技術、新しい設備をどんどん導入していきます。彼らの市場競争力を高め、激しい市場競争環境の下で会社を優位に立たせる。

また、当社のスター製品FAD2500依然として注目されている。将来の人的資源の緊張と生産コストが年々上昇する中で、自動化は今後の工業生産化の中で重要な割合を占めるだろう。当社の既存のハイエンド顧客のニーズに合わせて、自動化プロセスのアップグレードにおいて、この自動化モデルを発表することに成功しましたFAD2500ああ、今はパッケージ工場にいるASEで大量に正常に使用されました。この全自動ディスペンサー設備は、自動上下材料、走査位置決め、自動秤量、飛翔式走査、基板加熱などの機能を備えている。国家政策の大きな感化の下で、半導体業界は国内で大きく発展している。FCの技術も徐々に大陸の封止企業に導入されるだろう。FAD2500デスクトップ式半自動ディスペンサーから全自動ディスペンサーへの完璧なターンを実現した。再び業界の流れをリードして前進している。


3日間の展示会で、私たちが収穫したのはお客様の情報だけではありません。もっと多いのは業界の風向計、技術の展望、同行者の時間と共に前進して、信じていますSEMICON CHINA展覧会での収穫は私たちをより大きな進歩させることができます!

 

                                                                                                                                                                   華東-  黄彪 メモ
上一页
下一页