ニュース動態
会社のニュース
菱電と日特の医療市場進出で提携双方が菱電本社で会談

时间:2016-03-17   共阅5297次


2016年316日特機械工程株式会社社長の近藤氏が自ら深セン市菱電高精密設備有限公司に姿を現し、同社会長の龍海奔氏と会談した。近藤社長が同行した日特機械工程株式会社笹沢部長、日特機械工程(深セン)有限公司陳董事長、日特機械工程(深セン)有限公司上海支社袁副総経理、日特機械工程(深セン)深セン兪経理らは、菱電幹部らと長3時間の会議で、両社の将来の医療分野での協力について緊密に協議した。


この会議は16日午前9日特近藤社長ら一行のほか、龍海奔会長、菱電医療事業部社長の鄧総経理、社長の王総経理、黄社長ら関係役員も出席した。会議では、双方は中国の医療市場の発展の見通しと日特、菱電の医療分野での協力をどのように強化するかについて熱烈な検討を行い、笹沢部長はわざわざ日特の2大トップ設備であるガイドワイヤ巻線機と透析器の応用点と技術的優位性を菱電高管たちと分かち合った。

       実は中国の医療市場に進出する考えは、とっくに201512月の頃にはすでに芽生えていた。当時、日本でロボット展示会に参加していた龍海奔会長は近藤社長とちょうど顔を合わせ、近年の中国医療市場の台頭について語り合った。技術をリードするエンジニアリング機器企業として、日特の多くの製品は医療分野に対して設計されており、優れた中国本土企業の協力を探して、中国医療分野の扉を開けたいと考えています。

       近藤社長の考えは、菱電の龍海奔会長と一致した。龍海奔董事長によると、中国の近年の医療消費水準の向上とハイエンド医療需要の拡大はいずれもこの市場が急速に拡大していることを予告しているが、外国資本の継続的な流入はさらに中国医療市場の発展を大いに刺激している。10年以上にわたる経営努力を通じて、菱電は十分な企業力を持っているだけでなく、非常に広い医療業界の人脈関係を蓄積しており、これらの人脈関係を通じて大陸部の医療市場の需要と日特のハイテク設備を結びつけることができれば、双方の企業の将来の発展に非常に大きな助けになるだろう。

       菱電の市場調査資料によると、ハイエンド医療設備は中国の医療分野では不足しているが、日本の設備の技術的優位性と信頼性の高い品質も中国側に信頼されやすい。菱電の医療機器業界における膨大な人脈資源に加え、日特設備を中国先端医療市場にスムーズに導入することは難しくない。そのため、菱電、日特双方は今回の協力に自信を持っている。 

       今回の会議は非常に順調に行われ、年を越して70の近藤社長は何事にも親身になって、その仕事への情熱、細部への真剣さに、龍海奔会長は深く敬服し、認められた。龍海奔董事長も、日特と協力できることは、日特の実力への信頼だけでなく、近藤社長の個人的な魅力にも惹かれていると述べた。未来の協力の中で、菱電と日特も自分と近藤社長のように、師も友もある関係を維持して、相手のために多くのことを考えて、それによって双方の発展とウィンウィンを得ることができます。


                                                                                                                                                             李平記


上一页
下一页