ニュース動態
会社のニュース
3カ月でデンソーを獲得中国の菱電総代理チームが再び非凡な実力を発揮

时间:2017-10-13   共阅7974次

10月13日、デンソー中国上海支社の会議室で、特別な会議が静かに幕を閉じている。この会議は大手2社の強力な提携を目撃しただけでなく、菱電チームの3カ月間の「堅塁攻略戦」にも完璧なピリオドを打った。同日夜、上海宝燕酒店では、デンソー中国市場営業部の戸川本部長が自ら会議の結果を発表した。それは「菱電グループがデンソー中国初の総代理店になる」ということだ。

image.pngimage.png

13日夜の宝燕ホテルはにぎやかで、菱電グループの龍海奔会長、呉楽社長、新規事業部の黄忠栄社長、ロボット事業部の姚麗娜社長、その他の菱電グループの中堅が参加した。一方、デンソー中国側からは戸川本部長、自動化営業部宇佐美部長、馬場課長、朱継華マネージャーらが出席した。デンソー中国初の総代理店の誕生を祝して、デンソーグループは特に美しい代理メダルを制作し、戸川本部長自ら菱電に授与し、この歴史的な時を記念した。
授与式で戸川本部長は流暢な中国語で発言した。菱電との提携は非常にうれしい。菱電との接触はわずか3カ月にすぎないが、菱電のエリートチームが見せた厳格な仕事ぶり、展望的な戦略的視点、強い販売力には深く感服したという。今回菱電と提携したことで、デンソーは自信満々と言える。菱電の強力な販売力と業務ネットワークを借りて、デンソーのロボット事業の中国での発展を大いに推進できると信じている。
世界500強の有名企業として、日本デンソーグループは世界的に有名な自動車部品メーカーの一つである。2011-2013年に発表された「世界の自動車部品関連サプライヤー100強ランキング」では、デンソーグループが2位にランクインし、1994年には、デンソーが出品したマイクロ自動車が世界小の動力モデル自動車としてギネス記録に登録された。
現在のデンソーは多国籍な自動車部品サプライヤーグループとなり、世界30以上の国と地域に支社があり、特に自動車電子分野では、日本のデンソーグループはドイツのボッシュと並んで業界の2大トップとなっている。

デンソーは2003年に中国市場に進出し、事業展開のためのルートを模索してきた。グループも多くの国内代理店を相次いで誘致したが、業績は芳しくなかった。今回菱電グループに接触したのは名声を慕って来たと言える。一つは菱電の背後にある多くの代理日本ブランドの国内での良好な業績であり、もう一つは菱電グループの強い販売力と業務ネットワークである。そのため、2017年7月に菱電と初めて接触してから現在まで、正式に菱電を中国初の総代理店に任命したのはわずか3ヶ月で、電装の菱電の実力に対する認可と信頼が十分に見られた。
菱電の龍海奔董事長も、業界内では「総代理」の身分を取得することは非常に難しいことだと知っている。特に世界トップ500企業、業界トップ企業を前にして、菱電は実力の優れた競争相手を無数に増やした。しかし菱電のエリート中堅たちは困難を知って退くことなく、勇気と迫力を出しても真実な業績とやる気でデンソーグループを征服し、わずか3カ月でこの「ハードな戦い」を戦った。グループリーダーである龍海奔氏も誇りに思っている。彼は「困難を迎えて上に上がり、本当にしっかりやる、これが菱電人、菱電精神だ」と述べた。
デンソーグループは私たちのために『多くの例を破った』として、初めて中国の総代理店を任命し、代理メダルを専門に作ってくれたことは、私たちに光栄と誇りを感じさせると同時に、身の責任の重さを感じさせた」と話した。龍海奔董事長は授与式で、彼が手に持っているこのずっしりと重いメダルはマイルストーンのようなもので、菱電と電装の歴史的な協力を記念しており、菱電と電装が中国で発展する明るい未来を担っていると述べた。

菱電は責任感の強い企業として、デンソーの信頼と期待を裏切ることはありません。これからの間、菱電はすべての資源を動員して全力でデンソーが中国で新たなビジネスの頂点を切り開くことに協力します。


上一页
下一页